Jump to Content
Jump to Navigation

節水とトイレ詰まり

主婦は出来るだけ光熱費を節約したいものです。わたしは以前、2Lのペットボトルにお水をいれてトイレタンクの中に入れてトイレの流れるお水を節水していました。確実に節水はできていたと思うのですが、ある日気づくとタンクから便器に少量のお水が常に流れているのに気が付きました。


夫も気がついて、なんでいつも少量のお水が流れるの?といってタンクを開けて調べてみたら2Lのペットボトルのせいでタンクの栓がきちんとしまる事が出来ずにいたのです。当然、余計な事して!と夫には怒られました。ペットボトルを撤去したらお水が流れることはなくなりましたが、1か月くらい少量のお水が流れていたので水道代の請求書が来た時、いつもより2000円くらい請求額が高かったのでバカな事をしたなってすごく後悔したのですが、懲りない私は今度は500mlのペットボトル3本入れてまた節水に励んでいます。

水洗トイレの故障と修理 - ホームセンター ホーマック[Homac]

今のところ、前回のように少量のお水が流れることなく順調に節水ができています。(でも本当はタンクにペットボトル入れちゃだめなんですよね)で、節水手段の次の手はトイレの流す回数を減らす事です。小なら5回くらいは流さずにしています。(大はもちろん1回で流しますが!)ま、これは私が専業主婦で1人でいる時にしか当然しませんが!でも5回もためておくとトイレットペーパーもなかなか流れずトイレが詰まってしまいあわや便器からお水が溢れ出しそうになった事が数回ありました。



もうそんな時は便器の中に手を突っ込んでトイレットペーパーを撤去して何とか溢れずに済みましたが!なので今は3回で流すことにしています。何か私のやっていることって裏目裏目に出ている気がします。でもある日気づいたんです。うちのトイレは大と小のレバーがあるのですが、夫は小のときでも大のレバーで流していることを!で、夫に小なら大のレバーで流さないで!とお願いしたら、次回の水道代の請求額がぐっと減っていたのです。最初から夫が小のときに大のレバーで流さないでいてくれればものすごい節約ができたのに!って思うと夫の事を恨んでしまいます。