Jump to Content
Jump to Navigation

内臓脂肪とは?

あなたの体型はリンゴ型?それとも洋ナシ型?突然何のこっちゃという感じですが、これはあなたの肥満具合が(もちろんあなたが肥満に悩んでいた場合の話ですよ!)内臓脂肪型肥満か、皮下脂肪型肥満かをその外見上から簡単に判断する言葉なんです。前回のテーマで解説した皮下脂肪型肥満は、ふとももやお尻など下半身に脂肪がつきやすいため、全体の下側がぷっくりした「洋ナシ」にその姿をたとえられます。

やせる! 勝間和代 | 光文社新書 | 光文社

対して内臓の周囲に脂肪がつく内臓脂肪型肥満は、お腹がポッコリと飛び出す形になるので「リンゴ型」と呼ばれるわけですね。内蔵型肥満は男性に多いと言われ、最近ではメタボリックシンドロームという言葉がとても一般化してきました。もちろん女性にもメタボリックシンドロームはありますので注意が必要です。メタボかどうか簡単に診断する方法は、ウエストの測定をすること。男性なら85センチ以上、女性なら90センチ以上あればメタボリックシンドロームの疑いが大いにありです。



それに、血液検査を加えてメタボかどうかが判定されます。このメタボリックシンドロームと呼ばれる内臓脂肪型肥満は、内臓のすぐ周りに脂肪がたまり、増えすぎると内臓を圧迫するなどの悪影響を及ぼします。それだけでなく、内臓近くにあるということで、血中にも脂肪が流れやすいため、動脈硬化や心筋梗塞、脳出血などの直接的な原因にもなりやすいのです。このため、生活習慣病の大きな原因と考えられています。日本では死亡原因のうち、これらの心疾患や脳血管疾患による死亡が全体の3分の1を占めています。

ダイエット , やせる 方法 | キックボクサー が教える【運動なし】【食べる】楽 チン・ 簡単 ダイエット by やせる ! 痩せる ! 体脂肪 を激減する会

この原因の一つが内臓脂肪と聞けば、注意を向けないわけにはいきませんよね。でもこの内臓脂肪、皮下脂肪と違って圧倒的に付きやすいものの、その反面、落としやすいという特徴があるんです。当然、脂っこいものを取り過ぎない、炭水化物の過剰摂取を控えるなど、食生活の改善は必要ですが、毎日30分以上歩くことを目標にするだけで内臓脂肪はどんどん落ちていきます。特別な運動は要りません。これまで最寄の駅までバスで通っているなら、明日から少しだけ早起きをして徒歩にしてみませんか?帰りはバスに乗ったっていいんです。毎日少しずつ歩く量を増やし、自分の身を死亡リスクから守りましょう。