Jump to Content
Jump to Navigation

特定特殊自動車排出ガス規正法について

 車に乗ろうとすると、意識する・しないに関わらず、いろいろな法律によって規制されているのをご存知でしょうか。免許を取ろうとすれば、まず、学校に通って交通ルールを覚えて、標識を覚えて、テストに合格する事で始めて免許を取得する事ができます。

そして、いざ車を所有しようと思うと、取得に関わる税金等が規制されている法律の影響を受けて、さまざまな税金を払う必要が出てきます。維持していく上でも、法律に決められた税金を払いますし、ガソリン等にかかる消費税も同様に規定されたものになります。しかし、よく知られている内容のものは、ほとんどのものが自動車やトラック等の車両に関わるものだと思います。

寝屋川市|バイクや軽自動車の登録・廃車・名義変更手続き

しかし、それ以外にも規制が必要だと考えられるようになり、特定の特殊自動車に関しても、排出ガスに関して規制する法律が制定されました。そもそも排気ガスによる環境問題がいろいろと取沙汰されるようになり、自動車やトラックに関しての規制は話題になる事もあり、低排出ガスの車に関しては、税金面で優遇されるというのはご存知の方も多いのではないかと思います。

軽自動車税について|日進市

そして、これら自動車やトラックの排ガス規制が普及すると、その次にということで、特殊車両にも規制が及んでいくようになりました。特殊車両といってピンと来ない方もいらっしゃるのではないかと思いますが、いわゆる建設用の重車両。つまり、男の子が好きな車である、ブルドーザーやフォークリフト、パワーショベルなどが上げられます。


建築現場などで見かけた場合にわかるかもしれませんが、黒い煙をあげながら走っているのを見ると、環境に悪そうなガスを排出しているなと実感されるのではないでしょうか。確かに、自動車やトラックと比べれば台数は少ないのでしょうか。環境に対しての影響は無視できないものがありますので、規制が必要とされて法律ができるのも納得できるところです。