Jump to Content
Jump to Navigation

法テラスとは

法テラスをご存知ですか。正式名称は「日本司法支援センター」といい、総合法律支援に関する事業を迅速かつ適切に行うことを目的とした独立行政法人に準じた法人です。平成18年4月10日に設立され、同年10月2日から業務を開始しています。

法務省などの行政機関のみならず、最高裁判所をはじめとする司法機関、日本弁護士連合会、日本司法書士会連合会などの法律専門職の職能団体がその運営に携わっています。そして、民事、刑事を問わず、全国どこにおいても、法による紛争の解決に必要な情報やサービスの提供が受けられる社会の実現を目指して、様々な業務を行っています。

要は、デパートにおけるインフォメーションのお姉さんのような存在ということです。具体的に見ていきます。業務内容の一つに「情報提供」があります。相談者からの問い合わせ内容に応じて法制度に関する情報と、相談機関・団体等に関する情報を無料で提供してくれます。また、「民事法律扶助」があります。経済的な余裕のない人であっても法的トラブルに巻き込まれることは珍しくありません。

いくつかの条件を満たせば、法テラスが無料で法律相談を行い、弁護士や司法書士の費用を立て替えてくれるのです。そして「司法過疎対策」があります。弁護士や司法書士は都市部に集中してしまう傾向があり、地方都市や過疎地では法的な相談をしたくても相談できる人がいないという現状がありました。

司法書士講座 <資格の大原>

そこで法テラスが司法過疎地域事務所を設置しました。法テラスに勤務するスタッフ弁護士が一般の法律事務所と同様に有償で法律相談・事件の受任等の法律サービスを行っています。もちろん経済的に余裕のない人は民事法律扶助制度を利用することができます。

司法書士|通信講座で最短合格を目指すならクレアール

さらに、「犯罪被害者支援」があります。犯罪被害にあった本人やその家族に対して、犯罪被害者支援を行っている機関・団体と連携し、その被害に関する刑事手続に適切に関与したり、その被害・苦痛の回復・軽減を図るための法制度に関する情報を提供してくれます。

司法書士 仙台

そして「国選弁護等関連業務」も重要な役割です。被疑者・被告人が経済的理由等により自分で弁護士を雇うことのできない場合、法テラスのスタッフ弁護士の他、同センターと契約を結んでいる弁護士が国選弁護人に就いてくれます。どこに住んでいてもどんなに貧しくても人は法に守られている、それを実感させてくれ、実現してくれるのが法テラスなのです。