Jump to Content
Jump to Navigation

牛たんのお供は

焼肉店に行き、まず初めにオーダーするものとして飲み物と牛タン、という人も多いのではないでしょうか。
特に大人の人はビールとタンから始める人も多く、焼き上がりの早い牛タンをつまみにし、冷たいビールを飲むのは何とも堪えられない味わいです。



そのように焼肉店で注文する際には何故か最初に頼まれることの多い牛タンですが、その理由としては塩味で食べることが多い牛タンは、最初に焼くことでコンロの焼き網が焦げ付かず、汚れないという理由があるようです。

食品安全委員会:「食の安全ダイヤル」に寄せられた質問等について:BSE関係 | 食品安全委員会 - 食の安全、を科学する

もちろんタレ味の牛タンもありますが、最初にタレの付いた肉を焼いて焼き網が焦げてしまうと、後で塩味のタンなどを焼いた時に肉に焦げと味が移ってしまう為に、タンなどを先に注文するのでしょう。

食事療法について|治療・療法について|国立循環器病情報サービス

もちろん、食事の食べ始めとしてサッパリとした食べ易い味のものから始めるという人も多いので、どちらにしても牛タンは最適なメニューと言えるでしょう。

そんな牛タンですが、人気の味付けはやはり塩で味わう「タン塩」でしょう。
質の良い牛タンなら、余り火を通さなくても肉の味と塩だけで充分美味しさを味わう事が出来ます。

そして、タン塩の皿にはレモンが添えられていることも多いでしょう。お店によってはレモン液を提供するところも少なくありませんが、タン塩をレモンで更にサッパリとした味わいにする相性はベストという他ありません。
牛タンのお供としてのレモンは焼肉には欠かせないと言っても言い過ぎではないでしょう。

他にも、牛タンのメニューとして多いのが「ネギタン」です。通常のタンと同様にスライスしたものの上に刻みネギが散らしてあり、お店によってはタンに載せてあるネギの量がとても多いお店もあります。

ネギタンは焼くときにひっくり返してしまうとネギが落ちてしまう為、片面だけ焼いて味わうのが通常のようです。ネギはお店によって玉葱と長葱の双方を使用しますが、いずれもタンの味にネギの風味と触感が加わり、こちらもタンと相性の良いお供と言えるでしょう。

他にもニンニクやショウガのおろしたものをタンに添えたり、胡椒のみで味わうやり方もある等、牛タンのお供には今後も新しいものが紹介されるかもしれません。