Jump to Content
Jump to Navigation

ダイエットとBCAA

BCAAはじつはダイエットには欠かせないものです。

食事量を減らすだけのダイエットをしても、
適度な運動を併用していかないと脂肪が増えてしまう、
つまり筋肉が落ちてしまうからです。



結局は「リバウンド」現象となり体重はもとに戻ります。
つまり一時的に体重が減っても、
自分の理想とする目標にはなかなか近付けないのですね。

山本 正嘉:や行[研究・産学官連携] || 国立大学法人 鹿屋体育大学

そこでBCAAを摂取し適度な運動を併用することにより、筋肉をつけるのです。
それがダイエットを成功させることになります。

ではそのためには、いつBCAAを摂取するのが理想的でしょうか?

それは運動前に摂取することです。
そうすればBCAAが運動エネルギーに転化されるため、
筋肉のタンパク質の分解を抑え、筋の損傷を防ぎます。

つまりBCAAは筋肉の内でエネルギーとしても利用されるので、
筋タンパク質そのものを燃焼させないのですが、
体内でBCAAが不足した状態だと、筋タンパク質そのものを燃焼させてしまうのです。



あと、BCAAは摂取することにより太ることはありません。
しかし気をつけてもらいたいのは、
反対にBCAAを摂取したからといって、痩せるわけではありません。

こういうようなBCAAを採りながら運動を併用していく、
といったダイエットのことを「アミノ酸ダイエット」、
などと呼んでいる人もいるみたいですね。

ただしアミノ酸ダイエットの特徴は、ただ単にサプリメントを飲んだだけで、
魔法のように痩せるというものではないということです。

つまりBCAAを採るだけでは(BCAAそのものには)ダイエット効果はないが、
有酸素運動といったものや、筋肉トレーニングの効果を高めるため、
それがダイエット効果を出す、と考えれば良いのではないでしょうか。

このように運動をしながらサプリメントを採ることが大切なのです。
それによって「エネルギーの燃焼効率」を良くしていくわけですから。

その意味では「健康ヤセ」といったダイエットを実現できるBCAAは、
ダイエット中の方にとって必要不可欠です。

あと意外と知られていないのが、BCAAと成長ホルモンの関係ですね。

筋肉をつけることは、ダイエットにおいても大切なことです。
しかし本当に筋力をつくるためには、
BCAAと一緒に成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸を摂らないと、
効果は半減します。

なぜならば、BCAAを採ると、本来ならば運動により増加するはずの、
成長ホルモンが抑えられ、タンパク質を分解してしまう為です。

アミノ酸の組み合わせの妙を注意しましょう。