Jump to Content
Jump to Navigation

カーエアコン修理について

 暑い季節が続き、エアコンが欠かせない時期になった。そんな時に、自動車のエアコンが故障していたらやるせない気持ちになってしまうだろう。今回は、一時的なエアコン修理の方法について話していきたい。

仙台 自動車修理

 なぜエアコンの故障が起こってしまうのか。自動車のエアコンというものは、基本的には家庭用エアコンと同じ原理でできていることをご存じだろうか。エンジンルームに室外機があり、ダッシュボード内には、室内機が存在する。違うところは、家庭用エアコンは電気によってモーターを動かすのに対し、自動車の場合は、エンジンの動力によって動かされているということだ。

わかりやすいユーザー車検ガイド

冷媒となっているものがヒートポンプ内にあるフロンガスであるが、これらは完全に密閉構造になっているため、基本的には設置ミスなどをしていない限り、修理や交換などということはしない。しかし、なんらかの原因でヒートポンプに亀裂などの現象がおこってしまうと、そこからフロンガスが漏れてしまう。これが、エアコンの故障の原因なのである。最悪の場合、フロンガスが車内にも漏れてしまう可能性があるため、エアコンの故障を見つけた際にはすぐに修理しなければならない。

日産:マッハプロ車検“選べる3つのリフレッシュパック”新登場。

 では、一時的な修理について話していこう。これは、本当に一時的なものであるため、これを行った後は、ちゃんと修理に出していただきたい。上記で、ガス漏れがエアコンの故障の原因であると記載したため、一時的な修理はとても簡単である。ガスを補充すればよいのである。しかし、ここからが、問題なのである。

フロンガスというものは、コンプレッサー内部を潤滑するためのオイルと一緒に自動車内をサイクルしているため、エアコンの故障の際には、このオイルも放出していることになり、量が減っている可能性が高い。

コンプレッサーの構造は自動車によってさまざまだが、一般的には、丸いコンプレッサー内部に小さなピストンがいくつか組み込まれており、そこから回転しているローターの動きに合わせ、上下に動き、ガスを圧縮している。コンプレッサー内のピストン等は金属製であるため、オイルは欠かせないものである。そのオイルの量が減ってしまうということは、最悪の場合、エンジンが焼き付き、動かなくなる。つまり、ガスを補充する際には、オイルも補充していかなくてはならないのである。この2つを行った後は、修理工場に行き、しっかりと修理をしてもらう、ということになる。