Jump to Content
Jump to Navigation

体臭とは

体臭というと、あのイヤなにおいを思い起こして、眉をひそめる人も多いでしょう。しかし人間も動物ですから、体臭の皆無な人はいないのです。そもそも体臭とは、糞尿などの排泄物や、汗などの分泌物がもとになって、そこから発せられる臭いです。このように、生物ならば、必ずにおいの元となる物を発しているので、体臭があるのは致し方がないこととも言えるでしょう。

ココがミラドライ

しかし、体臭には個人差があり、まったく気にならないどころか、むしろ好まれたりする人もいる一方、ひどく不快な臭いを振りまく人もいます。後者の場合、周囲の人々に敬遠されたり、嫌われたりなど、実害が発生するケースもありますので事態は深刻です。特に汗ばむ季節になると、いっそう臭いに敏感になってしまうものです。人の皮膚には必ず雑菌があり、汗や皮脂が付着するとそこで分解作用が起こります。そのときに発生する揮発性のガスが、イヤな臭いを発生させるのです。発汗量が増えると、それだけ菌が繁殖しやすい状態になりますので、夏場は体臭がきつくなる人が多くなります。

イオントフォレーシス(イオン導入)

最近、「自臭症」とでも呼ぶべきほどに、あまりに自身の体臭を気にしすぎる人が増加しているといいます。確かに日常生活上でのマナーとして、体臭にもある程度気を配るのは好ましいことですが、先にも述べたとおり、人間も動物である限り、臭いがあるのは当然のことなのです。病的に自分の体臭を気にするのはよい傾向とは言えません。それでも気になるというのなら、まずは食生活から見直してみましょう。

ソノイオントフォレーシス(W超音波イオン導入)TAトラネキサム酸・高濃度ビタミンC導入ケア|シミ・くすみ・そばかす・美白|しわ・たるみ|美容整形外科・美容皮膚科 セントローズクリニック仙台

詳細についてはまた後の項で述べますが、食物繊維を多くとるように心がけることで、体臭が緩和されたという人は大変多いです。よく耳にする話ですが、日本人に比べて外国人は体臭がきついと言われます。それは乳製品や肉類を多く摂取する食文化にあり、動物性脂肪や動物性タンパク質は体臭を強くする原因となります。もともと日本人には乳製品や肉を食べる文化はありませんでした。しかし、現代の食生活は非常に欧米化されています。このことを意識して、和食を中心とした食事を心がけるだけでも、ずいぶんと体臭が改善されるはずです。

以上のように、体臭とは忌避するものではなく、人間なら誰にでもあるものだということをまず認識しましょう。その上で、不快な臭いを発しているという自覚があったり、季節によって体臭が気になるというのであれば、食生活を見直してみることです。最近は制汗剤や臭い消しなども、さまざまな種類のものが発売され、その性能も高くなっています。あまり神経質にならず、体臭と上手に付き合っていく生活をしましょう。