Jump to Content
Jump to Navigation

男の仕事、女の仕事

男女の違いはどこにあるのか?
もちろん肉体的な外観、その考え方・・・などなど数え上げればきりが無いですね。

例えばそのうちのひとつである、生物学的な部分にスポットを当てると、
子孫繁栄のための役割分担という考えがありますね。

つまり子孫繁栄のために女性は出産用の肉体を持ち合せ、
また出産後の育児にも適した外観をしています。

男性はその女性と子孫を守るために、
外へ出て狩り(仕事)をして、完全なる育児を全うさせるために働きます。

家庭は最小のコミュニティともいわれているので、基本はここであり、
今までの企業組織体でも、
この延長線上に男女の役割は分類されていたのではないでしょうか?

男性は現場で指揮をとったり、製造や営業の実務をこなす、
といった感じで、女性はそれを補佐する役目というものです。
「就職してもお茶くみの毎日・・・・」といった不満を持った女子社員は多かったものです。

しかしここにきて、最近は女性の社会進出が目立ってきており、
今までのように単純に分けることは難しくなってきたようです。

以前は女性が名刺を持つことは無かったのですが、
今は当たり前のようにみんな持っています。

職場内では、男性の上司が職場でからかい半分で女子社員に言った、
他愛のない言葉が「セクハラ」として捉えられ、
その上司は「セクハラ上司」というレッテルを貼られます。

さらに女性管理職の増加も見逃せません。

また法整備も整い、「男女雇用機会均等法」を始めとして、
数々の男女間の距離を縮める社会体制になっていますね。

しかし男女すべてが同じか、というとそうではなく、
男性でなくては出来ない「男の仕事」があり、
女性でなくては出来ない「女の仕事」があることも、また確かです。

ここで出来ないというのは、不可能という意味ではないのです。
出来ることは出来るが、仕事として捉えた場合、良い結果が出るか?ということでしょう。

例えば多くの企業は受付には女性を起用しています。
これは男性でももちろん可能な業務です。

しかし初めてその企業を訪問した人は、
女性の受付嬢からのキメ細かな優しい応対を受ければ、
その企業への好感度はかなりアップするはずです。

この「キメ細かな優しい応対」は女性ならではの仕事なのです。

また戦略経営部門のような全体をとらえて、
ロジックと経験に沿って会社全体を前進させていく能力は、
どちらかというと男性の方が優れているでしょう。

男の仕事と女の仕事は、やはりケースバイケースではないでしょうか。